So-net無料ブログ作成

移動日 [南米]

第34日目  空の上

今日は移動日…
大西洋横断


目的地はいよいよヨーロッパ。
合計17時間のフライトです
ホント南米楽しかった…


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

地球の反対側で [南米]

第32/33日目 ブエノスアイレス

この2日間は、
ブエノスアイレスの街で暮らしてる感じ…
観光もせず、
ただ、妻と二人、だらだら街歩き…

ブエノスアイレスは京都みたいに
碁盤の目の様になっている街なので
凄い分かりやすい。

我々のホテルは、
有名なラバージェ通りに面しており、
さしずめ、寺町通りみたいなもの。
フロリダ通りが四条で…と、
勝手に例えて歩いている。

標識も多く、安全で分かりやすい。
あと、ボカのユニフォームを来てると、
街中が味方な感じ…。

みんな気軽に「ボカ」「ボカ」と
笑顔で声をかけてくれる。

例えば、
外国人が阪神のユニフォーム着て
梅田の駅で迷ってたら?

きっと阪神ファンなら優しく助けてあげるだろう…
それとおんなじ・・・ホームな感じ・・・

さあ、今日で楽しかった南米編は終了。
明日16時間のフライトで、
大西洋を越え、
いよいよヨーロッパ上陸です。

しかし、南米は楽しかったぁ。
物価も安いし、
聞いてたほど危なくもない




特に、いつか行きたい遠い国、
「アルゼンチン ブエノスアイレス」。
是非ここで暮らしたい街でした。

日本から一番遠いこの国の、
それも観光名所でなく、
首都ブエノスアイレスのだらだら街歩き、
オススメしておきます!


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

ボカ惨敗 [南米]

第31日目 ブエノスアイレス

今日は早めに起きて、
サンテルモ地区をウロウロ…

妻が日本の「フィガロ」という雑誌を
見て行きたがってた、
アンティークショップが並ぶ地区。



今日は特に日曜なので
骨董市がひらかれている。

しかし、何度も書くが
ホントこの街は面白い。



今日もまた、街角ではいろんな事が起きていて、
ホント退屈しない…

もっと骨董市を見てたかったけど、



早々に切り上げて昼からは
ボカジュニオルスを応援に、

ボカスタジアムへ…


数年前に高原が所属していたチームで、
あのマラドーナが
愛して止まないチーム
だ。

スタジアムの雰囲気は凄いの一言。
もちろん我々も、
ボカのユニフォームに着替えて臨戦体制!


しーかーし…
ホームのくせにボカ

惨敗しやがった

前半に1点とられて、後半早々に一人退場で10人に…
ヤバいなぁと思ってたら、案の定2点…3点と…。
終盤は、ドイツ大会の日本vsオーストラリアの様…

結局、0ー3で惨敗…。
サポーター暴動手前・・超怖い・・・・

このリベンジは
ヨーロッパの別なリーグで必ず!


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

南米のパリ [南米]

第30日目  ブエノスアイレス

元々この街は妻が来たかった街。

今日は彼女の行きたかった場所
中心にウィンドウショッピング。

少しハイソなレコレータ地区を散策。
エビータの墓も見てきた。

■超高級墓地にある。
 しかも墓地なのに観光客だらけ

しかし、この街は面白い。

南米のパリと呼ばれるだけあって綺麗だし、
毎日、街中で、あちこちの街角で、

面白い事、楽しい事が起きてる

手品師、大道芸、演奏、

タンゴ、リフティングを披露する少年……、





時のたつのを忘れて見いってしまう。
ホントに飽きない。
(結構チップも出しちゃってるが…)

毎日イベントが行われてるみたい。
とても素敵な街。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

未だにディエゴ… [南米]

第29日目 ブエノスアイレス

やはり、サッカーの国。

到る所にユニフォームが売ってるが、
でも、未だにマラドーナ
ユニフォームが前面にある。

■写真の看板はいわずと知れた伝説の10人抜き!



アイマールだって、メッシだっているのに…
なぜまだマラドーナ??

日本て言えば、
カズやラモスが一番人気なのと同じ事か…
いや、木村一司や、釜本か

同じ様にサッカー大国ブラジルは
違うじゃないかな〜。

今一番メインに来てるのは、
ロナウジーニョだろう。
未だペレって事は無いだろうし。
この違いは何だろう…。

今日はホテルのそばの
ラバージョ通りをウロウロ。

街では今タンゴフェスティバルという事なので、
新聞の広告を頼りに、
会場?のプラザ デ リパブリカへ。

■プラザ デ レパブリカのモニュメント


行ってみれば、タンゴ教室みたいな感じ…
超、ほのぼの。

先生が市民にタンゴ教えてる。



しかし、サラリーマンやアベックが
気軽に参加し、いとも簡単に踊ってる。

基本も全く解らない我々には到底無理。
日本人にとっての盆踊りみたいな感じなのか、
アルゼンティーナには馴染みな踊りなんだろうな。

でもフェスティバルというには
なんか盛り上がりに欠ける。

さて食事はというと、
昨日、今日と肉、肉…。
だってアルゼンチンですから!!



ほんと、安いしボリューム満点。

でも、毎日これだけ食べると、
少し牛肉も飽きてきた。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

初めて… [南米]

第28日目 ブエノスアイレス
(第5ヵ国目アルゼンチン入国)

リマからブエノスアイレスへのフライトは
朝7:15発。

それに合わせて早く起きて、ちゃんと
2時間前の朝5時に空港に着き
チェックインした。

でも早すぎたのか、なんだか
シート番号が「×××」になってる。

何これ??

いざ機内へ!という時に
ボーディングカウンターで聞くと、
妻とはバラバラの席…

そうならない為に
誰より早く行ってるのに…

あたかも当たり前の様に
気持ちのこもらない
sorry(無理デース!)」を繰り返す
アテンダントに今回の旅で一番腹が立ったが、

英語で言葉を探しながら怒っても
まったく迫力無し…

やっぱり他国語で感情をいい現すのは難しい。
後で思えば、日本語で巻くしたてればよかった…

LANぺルー航空、ホント頭にくる!
いい加減な仕事しやがって・・・

更に…
今まで数えれば、
100回位は飛行機に乗ってるが、

今日のフライトは最悪!

初めて飛行機に恐怖した
死ぬかな〜
と感じたフライトは初めてだ。

物凄いエアーポケットで体が浮いた…。
乗客から、悲鳴があがった
そんなフライトなんてなかった…

妻は、宙に浮いた
オレンジジュースまみれ
になって飛行機から降りて来た…

昔20年位前に小学生の頃に乗った時には、
台湾の観光客とか、飛行機が珍しいのか
着陸すると拍手したりしてたが、

今回のフライトでは、
着陸して自然と皆から
拍手が起こった

LANぺルー航空には
なんかついてない…


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

移動と休息の日 [南米]

第27日目 リマ (ペルー)

今日は移動日。

明日からいよいよ南米最後の地
アルゼンチンに向かうので、
早朝に飛行機で
クスコから首都リマへ戻ってきた。

旅もいよいよ一ヶ月たち、
昨日のワイナピチュ登山の疲れか、
旅全体の疲れか・・・・・

今日は洗濯しただけ・・・
ホントゆっくりする。
どこにも行かない・・

食事も久々に日本的な物?
マックが食べたい・・・・。

■I'm love'n it!


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

旅人 [南米]


マチュピチュで一緒だった鷲尾君と
クスコに戻って食事をご一緒した。

彼は(妻いわくめちゃくちゃ笑顔いい)大学生。
大学の休みを利用して、エクアドルから
ここペルーへやってきた。

(なぜにエクアドル?・・・)

相当の旅のツワモノだ!!

スペイン語適当だし(笑)、
初めての海外旅行がインドで、
二回目が南米・・・・
次は中国に行くらしい・・・・
(元気でよい旅を!!鷲尾君)

マチュピチュの頂上でもそうだったが
彼の様な「旅人」が世の中にはいっぱいいる。

もちろん日本にもいるのだが、これって
自分が旅人じゃないと気づかないらしい

元々京都に住んで、
観光客なんかいっぱい見てるはずなのに
心には残らない・・・・気にしない・・・

毎週東京に出張してて、新幹線乗っても
旅人には気づかない・・・・・・
どこの駅にも旅人はいっぱいいるのに・・・

■マチュピチュからクスコへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

高所恐怖症再び・・・ [南米]

第26日目 マチュピチュ

朝5時半の一番のバスで
マチュピチュに登る。

昨日昼も登ったけど、
昼は観光客が多くうるさかった。

やっぱり、朝のマチュピチュは最高!!

(マチュピチュはやはり日帰りより一泊すべき。
 朝の遺跡は静かで荘厳。
 昼は観光地すぎる・・・)

でも、その遺跡ほったらかして、
静かに遺跡にいた野生のリスを見てた

■生意気にこちらを見下ろすリス

7時から遺跡の横(遺跡に連なる峰)の山
ワイナピチュに登る。

この旅2回目・・・・
エアーズロックとはまた違った

恐怖感!!

とにかく、柵とか、
安全に配慮したものが何も無い・・・・

下を覗けば、果てしなく深い谷・・・・

峰の頂上まで約1時間。
またまた出ました得意技

足元だけ見て登る!!」作戦!!

(毎年落ちて怪我する人が出ると、地球の歩き方にも
 書いてあるが・・・納得・・・・そりゃ落ちるよ・・・)

どうやら自らの新たな能力として、
足元だけを見て、
景色をまったく見ないで、
まるで現実逃避のように
恐怖感を克服できるようになった気がする・・・

やっと到着した頂上
(20人ほどがいることの出来る岩)は・・・

んっ??ここは日本???

ここに来てるのは、ほとんどが日本人で、
外人ぽつーんと一人だけ・・・

公用語はもちろん日本語(笑)
NHKの放送で、このワイナピチュの登山が
紹介されたらしい。でなおかつここへの登山は
一日500人限定らしく、それで日本人だらけ・・・)

頂上について、やっとマチュピチュの全景
を眺めることができた。

霧が濃かったのだが、ゆっくりと晴れるのを待つ。

雲が切れ、ゆっくりと遺跡が現れた時の

達成感、
その壮大さは言葉に表せない。
すごい!!


(是非一泊してワイナピチュにトライすべき)

さて・・・・・・・・
達成感を感じた後は・・・・
「はぁ~」
また恐怖感との戦い・・・

当たり前だが、
登った以上は、
自分で降りなきゃ
誰も助けてくれないが・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

謎の空中都市へ [南米]

第25日目 マチュピチュ (ペルー)

ついに来ました。
マチュピチュ!!

今日はクスコからマチュピチュ行きの
トレインチケット当日券を求め、
(どうしても日帰りは嫌だったので・・)

まだ真っ暗な、早朝4時からサンペドロ駅で、
親切な知らない人の車の中で当日券待ち。

クスコ自体は、高地なので朝晩は寒く、
この駅周辺は治安もよくないので
車の中で待たせてもらえたのは、ありがたかった。

(まぁ待っている間は、こいつら何が目的なのか?
 ぼられるかなぁ・・・と緊張感あったが、
 ただの親切な人でした
  疑ってすみません。
  ←でも、たぶん彼らチケットのブローカーだけど・・)

何とか、頑張った甲斐あって、
 当日券を手に入れて、本日そのまま出発!!

汽車からの眺めは最高!!


世界にはホントいろんなところがある。としみじみ実感。

ただ、うるさい日本人グループが近くで、
日本語がうざく感じたので、この旅初めて
i-podを取り出して聴く。

高地を行く汽車の中で、聴くのは
奥田民生のサスライ・・・・

今の我々にはぴったりの曲。
(皆さん、さすらっていますか?)

空中都市マチュピチュに入るには
外国人は一人1日120ソル(日本円で4000円)もかかるし
明日も行くので、わざわざ今日も行く必要が?
という気はしたが
せっかくここまで来たのだから2日とも行っちゃえ!
と思いホテルを決めた後、早速登る。

いや~素晴らしい。

素晴らしすぎる。

絶景です。

今日は小雨模様のマチュピチュ。
時折、陽の差したマチュピチュ。

あまりの壮大さに、同じ場所から
飽きることなく1時間以上もずっと
遺跡を眺めていた。

本当に世界は広いよ!広い!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。